ブログ

HOME/ブログ

webサイト解析に使えるツール一挙紹介!【無料】

webサイト解析に使えるツール一挙紹介!【無料】

コンテンツマーケティングを行うに当たり、単に記事を公開して終わりではなく、Webサイトを解析して改善案や新たな施策を試す事が何より重要になります。

なので、自社や競合のWebサイトを様々な面から可視化出来るツールは不可欠であると言えます。

今回は、Webサイトを解析するのに使えるツールを一挙紹介していきます。

Webサイトを運営するに当たって解析ツールは不可欠

Webサイトを運営している方なら分かるかと思いますが、SEO対策をしたりCVヘ繋げるには常にサイトの解析を行う必要があります。

また、単純に自社Webサイトの解析を行うだけでは不十分で、ネット上にコンテンツが溢れている今、上手く生き残っていくには競合サイトの解析も行う必要があります。

更に、残念な事に自社・競合のWebサイトの解析は、目で見える部分はあまり多くありません。

  • ユーザーがWebサイトにアクセスする際に検索したキーワード
  • ユーザーの記事間での動き
  • Webサイト内でよく見られている部分

上記のような要素をはじめ、Webサイトの解析で大事なほとんどの部分は、サイトを目で見ただけでは分からず、裏でツールを働かせて分析する必要があります。

したがって、Webサイトを運営するに当たって解析ツールは不可欠です。

自社Webサイト解析に使えるツール

自社のWebサイト解析に使えるオススメのツールは以下のつです。

  • Google Analytics
  • Search Console
  • PageSpeed Insight
  • SEOチェキ!
  • Googleトレンド
  • Google検索

以下でそれぞれを詳しく解説していきます。

Google Analytics

自社Webサイト解析に使えるツール「Google Analytics」

Google Analiticsは、Webサイトにアクセスしたユーザーのサイト内での動きを解析できるツールです。

基本的に、ユーザーのWebサイト内での動きを全て見れて、具体的に見れるデータは以下の通りです。

  • アクセス数
  • 滞在時間
  • サイト内でのトラフィック
  • 離脱率
  • よく見られているページ
  • ユーザーが使用しているデバイス
  • 男女比

Webサイトにアクセスしたユーザーのサイト内での動きを見れるという事で、直接的にCVに繋げるページへの導線を上手く組む事などに繋がります。

Google Analiticsの全てのデータの見方は以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

Search Console

自社Webサイト解析に使えるツール「Search Console」

Search Consoleは、Webサイトにアクセスしたユーザーのサイトに入るまでの動きを解析できるツールです。業界では「サチコ」と言われています。

先ほど紹介したアナリティクスがサイト内にアクセスしてきたユーザーの訪問後のデータを解析できるのに対して、サーチコンソールはサイトへアクセスする前の動きを解析する事ができます。

  • 指定期間内での平均順位
  • 指定期間内で自然検索からクリックされた回数
  • 指定期間内での検索結果に表示された回数
  • ユーザーがどのようなキーワードでWebサイトに到達したか
  • 自社Webサイトのページがインデックスされているか

上記のようなデータを解析する事ができます。

想定したキーワードでユーザーがWebサイトにアクセスしているかなどを解析できるという事で、今後対策しているキーワードなどを考える事に繋がります。

PageSpeed Insight

自社Webサイト解析に使えるツール「PageSpeed Insight」

Page Speed Insightは、Webサイトの表示速度を解析できるツールです。

Webサイトの表示速度は、SEOに効果があると言われていて、サイト運営をするに当たって無視できない要素です。Page Speed Insightでは、具体的に以下の情報を解析できます。

  • 速度スコアの解析
  • 最適化スコア
  • 最適化に関する提案

現在のWebサイトの表示速度を解析できるだけでなく、具体的な改善案まで教えてくれるのでおすすめのツールです。

Page Speed Insightを使用する

SEOチェキ!

自社Webサイト解析に使えるツール「SEOチェキ!」

SEOチェキ!は、URLとキーワードを入力する事で、瞬時に検索順位が表示されるツールです。

例えば、弊社が運営する「大学受験プロ」のURLとキーワードを入れてみます。

自社Webサイト解析に使えるツール「SEOチェキ!」の使い方

上記のように、「数学 参考書」というキーワードに置いて、大学受験プロは1位である事が分かります。

また、検索順位だけでなく、SEOチェキ!は、以下のデータも解析する事ができます。

  • キーワード出現頻度
  • 発リンク
  • Whois情報

SEOチェキ!を使用する

Googleトレンド

自社Webサイト解析に使えるツール「Googleトレンド」

Googleトレンドは、キーワードの人気傾向などを解析できる無料ツールです。キーワードプランナーと似ていますね。

自社Webサイト解析に使えるツール「Googleトレンド」の人気度傾向のグラフ

キーワードを入力すると、上記写真のように人気度の傾向を表したグラフを見る事ができます。

自社Webサイト解析に使えるツール「Googleトレンド」の急上昇ワード

また、「急上昇キーワード」や「トレンドキーワード」なども見る事ができるので、トレンドアフィリエイトなどをしているWebサイトはうまく活用できそうですね。

Googleトレンドを使用する

Google検索

Google検索には、自社のWebサイトを解析する様々な機能が用意されています。

  • 「Related:自社WebサイトのURL」と検索すると、Googleが総合的に判断した類似サイトを表示してくれます。
  • 「link:自社WebサイトのURL」と検索すると、自社サイトのリンクが貼られているページが表示されます。

他にも様々ありますが、使いこなすと自社Webサイトの解析をスムーズに行えます。

競合Webサイト解析に使えるツール

競合のWebサイトを解析するのに、使える代表的なツールは以下の8つです。

  • SimilarWeb
  • eMark+
  • Ghostery
  • キーワードプランナー
  • Page Speed Insight
  • Wayback Machine
  • built with
  • クリックテール

Page Speed Insightは、自社Webサイトだけでなく競合の解析にも使えるツールなんですね。

それぞれの具体的な情報や機能は、以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

SEO検索順位の解析に使えるツール

WebサイトのSEO検索順位を解析できるオススメのツールは以下の13個です。

  • 検索順位チェッカー
  • seoピッシュ
  • seotools
  • seoチェキ!
  • ohotuku.jp
  • BULL
  • Gyro-n SEO
  • SEOSELF
  • KEYEORD FINDER
  • AZC
  • GRC
  • Serposcope
  • RankTracker

それぞれの詳しい解説は以下の記事にまとめているので、合わせてご覧ください。

まとめ

Webサイト解析に使えるツールを紹介してきました。

Webサイトを解析する上で重要な要素のほとんどは、ツールを使って分析する必要があります。今回紹介したツールを上手くサイト運営に役立てて下さい。

この記事を書いた人

focus@all