ブログ

HOME/ブログ

google analyticsの見方を全て解説

google analyticsの見方を全て解説

自社のWebサイト内でのユーザーの動きなど様々なデータを見れる「google analitics」。

色んな人の話を聞いていると、見方をあまり理解していなかったり、重視すべき項目を間違っている人が多いように思います。そこで今回は、google analyticsの全項目がどのような情報を表しているのかや具体的に見るべき項目を解説していきます。

かなり長い記事なので、見出しから知りたい情報にアクセスして読んでもらえればと思います。

google analyticsで出来る事

google analyticsは、Webサイトの様々なデータを解析できるツールです。具体的に見れる情報は以下の通りです。

・Webサイトのアクセス数

・ユーザーがWebサイトに滞在した時間

・ユーザーがどのような経路でWebサイトに到達したか

・Webサイトを訪れたユーザーのどのくらいの割合が離脱したか

・Webサイトの中でどのページがよく見られているのか

・お問い合わせには、Webサイトのどのページからよく繋がっているのか

・ユーザーは何のデバイスを使ってWebサイトを見ているのか

・Webサイトを訪れるユーザーの男女比はどのくらいか

上記のように、Webサイト分析に必要な様々なデータはほとんど確認できます。

例えば、googleの検索からお問い合わせページにどのような経路でユーザーが遷移したのかを確認する事ができます。

google analyticsの見方

ここでは、弊社が運営する「大学受験プロ」の実際のデータの写真を交えながら、google analyticsの見方を紹介します。

ユーザーレポート

google analyticsの見方「ユーザーレポート」

google analyticsのユーザーレポートの見方は、ページ左側の「オーディエンス」→「概要」と進むだけです。

ユーザーレポートでは、どのような人がWebサイトにアクセスしているのかを知る事ができます。以下で具体的に解析できるデータを紹介していきます。

概要

google analyticsのユーザーレポートの概要

google analyticsのユーザーレポートの概要では、サイトにアクセスした人の全体的なデータを見る事ができます。それぞれの具体的な情報は以下の通りです。

 

・ユーザー…Webサイトを訪問したユーザーの数

・新規ユーザー…新たにWebサイトを訪問したユーザーの数

・セッション…ユーザーがWebサイトを訪問した回数の事です。30分が1つの区切りになっていて、19時00分にアクセスして19時29分に再び訪問すれば「1セッション」。19時31分に再度アクセスしたら「2セッション」でカウントされます。

・ユーザーあたりのセッション数…ユーザー1人あたりのセッションの数

・ページビュー数…Webサイト上のページが表示された回数の事です。特定時間内に複数回ページが表示された場合には、毎回カウントされます。

・ページ/セッション…「ページビュー数÷セッション」なので、Webサイトが1度訪問される度に平均何ページが表示されているかを表しています。例えば、1人のユーザーが1度Webサイトにアクセスして、30分以内に5ページ閲覧したとすると、値は5/1より5になります。また、AさんとBさんがそれぞれWebサイトにアクセスして、30分以内にそれぞれ3ページ、6ページ表示したとすると、値は9/2より4.5になります。

・平均セッション時間…ユーザーがWebサイトに滞在していた平均の時間

・直帰率…Webサイトを1ページのみ閲覧して離脱する事を「直帰数」と言います。直帰率は「直帰数÷セッション」で求まる値の事です。

・ユーザー層…Webサイトを訪れたユーザーの言語・国・市区町村などの割合を確認できます。

アクティブユーザー

google analyticsのユーザーレポートのアクティブユーザー

google analyticsのユーザーレポートのアクティブユーザーは、どれだけのユーザーがWebサイトを継続的にアクセスしているかを解析できるものです。

1日のアクティブユーザー数は単純に「その日のユーザー数」を指し、右上で設定できる期間の最後の日付の値が反映されます(上記写真の場合は6月28日)。

また、7日間のアクティブユーザー数は「その日を含む直近の過去7日間で1度でもWebサイトを訪れたユーザー数」を指します(上記写真の場合は6月22日~28日)。14日間・28日に関しても同様の考え方です。

ライフタイムバリュー

google analyticsのユーザーレポートのライフタイムバリューは、簡単に言うと「Webサイトで獲得したユーザーがどれだけお金を払ってくれたか」を表しています。

コホート分析

google analyticsのユーザーレポートのコホート分析は、Webサイトにアクセスしたユーザーをグループ化して指標毎に数値化して解析するものです。

例えば、「1月1日にセッションを開始したユーザー」をグループ化して、何割が再びWebサイトを閲覧したかなどを見る事ができます。他にも解析できる情報は以下の通りです。

 

・ユーザーあたりのセッション

・ユーザーあたりのセッション継続時間

・ユーザーあたりのトランザクション

・ユーザーあたりのページビュー

・ユーザーあたりの収益

・ユーザーあたりの目標の完了数

・セッション

・セッション時間

・トランザクション数

・ページビュー数

・ユーザー数

・収益

・目標の完了数

・ユーザー維持率

 

google analyticsのユーザーレポートのコホート分析

上記写真の場合だと、過去7日間のユーザー維持率、つまり「ユーザーが最初にセッションを開始した日から7日間でどれだけの割合がWebサイトをアクセスし続けたか」を表示しています。

1日目で3.12%となっているので、前日にWebサイトを訪れたユーザーの中で次の日も閲覧した人の割合が約3%である事を表しています。まだまだ改善の余地がありそうですね。

オーディエンス

google analyticsのユーザーレポートのオーディエンスは、Webサイトを訪れたユーザーの属性などを解析できるものです。

先ほど紹介した「概要」では、ユーザーの言語や国・地域などを見る事ができましたが、オーディエンスでは年齢や性別などのデータを解析する事ができます。

ユーザーエクスプローラー

google analyticsのユーザーレポートのユーザーエクスプローラーは、「ユーザー毎に何時にどのWebページを見てコンバージョンしたかどうか」などを解析できるものです。

ユーザー毎のアクションとしては、以下の4つのデータを解析できます。

  • ページビュー
  • イベント
  • 目標
  • eコマース

google analyticsのユーザーレポートのユーザーエクスプローラー

例えば、上記写真の場合では、あるユーザーが6月28日にWebサイト上でしたアクションが表示されていて、時間の左の逆三角形マークを押すと10時31分と54分にアクセスしたページまで確認する事ができます。

ユーザー属性

google analyticsのユーザーレポートのユーザー属性

google analyticsのユーザーレポートのユーザー属性は、Webサイトにアクセスした人の年齢層や性別を解析できるものです。

google analyticsのユーザーレポートのユーザー属性の年齢

google analyticsのユーザーレポートのユーザー属性の性別

上記のように年齢毎や性別毎の詳細なデータを見る事ができます。

google analyticsのユーザーレポートのユーザー属性の年齢と性別

また、年齢と性別を組み合わせたユーザーのデータも解析する事ができます。

インタレスト

google analyticsのユーザーレポートのインタレスト

アフィ二ティ カテゴリは、Webサイトにアクセスしたユーザーがどのようなコンテンツを利用しているのかなど、ユーザーのライフスタイルを知れるものです。

google analyticsのユーザーレポートのインタレストのアフィニティカテゴリ

購買意向の強いセグメントは、名前の通りコンバージョンに繋がる可能性が高いユーザーがどのようなコンテンツを利用しているのかを解析できるものです。

google analyticsのユーザーレポートのインタレストの購買意欲の高いセグメント

他のカテゴリは、アフィニティカテゴリをより細かく分類したもので、Webサイトにアクセスしたユーザーがどのようなコンテンツを利用しているのかをより詳細に解析できるものです。

google analyticsのユーザーレポートのインタレストの他のカテゴリ

地域

言語では、Webサイトを訪れたユーザーが使用している言語を詳細に解析する事ができます。

google analyticsのユーザーレポートの地域の言語

オーディエンスの概要でも言語を見る事は出来ますが、「地域」の中では言語毎のセッションなども細かく見る事ができます。

また、「地域」を選択すると世界地図が表示されます。Webサイトを訪れるユーザーが多い場所ほど濃い青色で表示されます。下記写真でも日本が濃い色になっているのが分かりますね。google analyticsのユーザーレポートの地域の地域

行動

google analyticsのユーザーレポートの行動は、Webサイトを訪れたユーザーがサイト内でどのような動きをしたかを解析する事ができます。

新規顧客とユーザーでは、新しくWebサイトを訪れたユーザーとリピーターのそれぞれのセッションや直帰率など様々な情報を解析する事ができます。

google analyticsのユーザーレポートの新規顧客とリピーター

リピートの回数や間隔は、Webサイトにアクセスしたユーザーがどのくらいの間隔を空けて訪れているのかなどを解析する事ができます。

google analyticsのユーザーレポートのリピートの回数や間隔

エンゲージメントでは、Webサイトにアクセスしたユーザーのセッション時間別のセッション数やページビュー数などを解析する事ができます。

google analyticsのユーザーレポートのエンゲージメント

テクノロジー

google analyticsのユーザーレポートのテクノロジーでは、Webサイトにアクセスしたユーザーが使っているデバイスや繋いでいるネット環境などを解析する事ができます。

ブラウザとOSでは、Webサイトにアクセスしたユーザーがどのブラウザを使用して訪れたかを解析する事ができます。

google analyticsのユーザーレポートのブラウザとOS

ネットワークでは、Webサイトにアクセスしたユーザーがどんなプロバイダを利用しているかを解析する事ができます。

google analyticsのユーザーレポートのネットワーク

モバイル

google analyticsのユーザーレポートのモバイルは、Webサイトにアクセスしたユーザーが使っているデバイスなどのデータを解析できるものです。

概要を押すと、以下のようにWebサイトにアクセスしたユーザーが何のデバイスを使って閲覧したかを解析する事ができます。

google analyticsのユーザーレポートのモバイルの概要

「デバイス」を選択すると、スマホ・タブレットなどの情報だけでなく、iPhoneやiPadなど更に具体的なデバイスのデータを確認する事ができます。

google analyticsのユーザーレポートのモバイルのデバイス

カスタム

自分で好きなようにアレンジする事で、独自の好きなようにデータを分析できる機能です。

セッション・ページビュー・直帰率などの「指標」と、都市・デバイスなどの「ディメンション」を組み合わせる事で独自の分析レポートを作成します。

例えば、曜日別の分析レポートや時間別の分析レポートなど、通常では見れない部分も分析して見る事ができます。

ベンチマーク

google analyticsのユーザーレポートのベンチマークは、アナリティクスを利用している同規模のサイトの平均値と自社サイトのセッションやユーザー数などを比較できるものです。

「チャネル」を押すとトラフィック毎に比較する事ができます。

google analyticsのユーザーレポートのベンチマークのチャネル

「地域」を押すと、Webサイトにアクセスしているユーザーがいる国ごとに比較できます。

google analyticsのユーザーレポートのベンチマークの地域

また、「デバイス」を押すとユーザーがWebサイトにアクセスする際に使用しているデバイス毎に比較する事ができます。

google analyticsのユーザーレポートのベンチマークのデバイス

集客レポート

google analyticsの集客レポートの見方は、ページ左側の「集客」をクリックするだけです。

集客レポートでは、ユーザーがどこからWebサイトに辿り着いたのかやどのような広告を経由してアクセスしたのかなどを解析する事ができます。

概要

google analyticsの集客レポートの概要

google analyticsの集客レポートの概要では、大まかな集客の状況を解析する事ができます。

上記写真のように円グラフで流入元に関する比率が表示されていて、それぞれは以下の通りです。

  • Organic Search…検索エンジンからアクセスする事
  • Direct…ブックマークなどに入れていて、直接サイトにアクセスする事
  • Referral…外部サイトからアクセスする事
  • Social…SNSからアクセスする事
  • Paid Search…リスティング広告からアクセスする事

隣ではWebサイトにアクセスしたユーザーの数、コンバージョンした数を見る事ができます。また、下の表では流入元別のデータを確認する事ができます。

すベてのトラフィック

以下では、google analyticsの集客レポートのすべてのトラフィックで見れるデータを解説します。

チャネル

google analyticsの集客レポートのすべてのトラフィックのチャネル

google analyticsの集客レポートのチャネルでは、流入元ごとのセッションや新規ユーザーなどのデータを見る事ができます。

ツリーマップ

google analyticsの集客レポートのすべてのトラフィックのツリーマップ

google analyticsの集客レポートのツリーマップでは、各流入元の割合と状態の良し悪しを視覚的に見る事ができます。

「メインの統計情報」と「サブの統計情報」の2つからデータを可視化できて、メインは長方形のサイズ、サブは色と濃さを決める指標です。

長方形の大きさが大きく緑が濃い方がより良い状態であると言えます。

ツリーマップの下にある「プライマリディメンション」で解析する情報を変更出来るので、見たい項目に合わせる事で視覚的にページの良し悪しを確かめる事ができます。

参照元/メディア

google analyticsの集客レポートのすべてのトラフィックの参照元/メディア

google analyticsの集客レポートの参照元/メディアでは、流入元のWebサイトとどのようにアクセスされたのかを自動で振られた組み合わせ毎に見る事ができます。

参照サイト

google analyticsの集客レポートのすべてのトラフィックの参照サイト

google analyticsの集客レポートの参照サイトでは、外部のWebサイトからのアクセスの内訳をドメイン単位で解析する事ができます。

また、ドメインをクリックする事で、具体的にどこのページからのアクセスかも見る事ができます。

Google広告

google analyticsの集客レポートのGoogle広告では、出稿した広告に関する様々なデータを解析する事ができます。

ただ、使用するには、アナリティクスとグーグルアドワーズのアカウントを連携させる必要があるので注意しましょう。

Search Console

google analyticsの集客レポートのSearch Consoleは、アナリティクス上でサーチコンソールのデータを見れるものです。

アナリティクスとサーチコンソールを連携する事で使用できて、アナリティクスの機能を用いてサーチコンソールのデータを指定したアドレスに定期的に送る事も可能です。

ソーシャル

google analyticsの集客レポートのソーシャルは、SNS経由でWebサイトにアクセスしたユーザーの様々なデータを解析できるものです。見れる情報は以下の通りです。

・概要…Webサイト全体でSNSを経由してアクセスしたユーザーがどのくらいなのか、中でもCVした人がどのくらいなのかなどを見る事ができます。

・参照元ソーシャルネットワーク…SNS別にアクセスしたユーザーのセッション時間などを見る事ができます。

・ランディングページ…SNSを経由してWebサイトにアクセスしたユーザーが最初にどのページを開いたのかを見る事ができます。

・コンバージョン…SNSを経由したWebサイトにアクセスしたユーザーの中でCVしたユーザーの数やどのSNSが最もCVに貢献しているかなどを見る事ができます。

・ユーザーフロー…SNSを経由してアクセスしたユーザーの推移を見る事ができます。

キャンペーン

google analiticsでは、Webサイトにアクセスしたユーザーのアクセス元を分析できるので、例えばTwitterから訪問したなどは確認する事ができます。

しかし、Twitterのどの投稿からアクセスしたなどは分析する事は出来ません。

グーグルアナリティクスの集客レポートのキャンペーンでは、ツイッターのどの投稿から訪問したかなどの詳細な情報を見る事ができます。

行動レポート

google analyticsの行動レポートの見方は、ページ左側の「行動」をクリックするだけです。

行動レポートでは、Webサイトにアクセスしたユーザーがサイト内でどのような動きをしたかを見る事ができます。以下で具体的に解析できるデータを解説していきます。

概要

google analyticsの行動レポートの概要

google analyticsの行動レポートの概要では、Webサイトにアクセスしたユーザーの大まかな動きを知る事ができます。それぞれのデータの意味は以下の通りです。

・ページビュー数…Webサイト上のページが表示された回数の事です。特定時間内に複数回ページが表示された場合には、毎回カウントされます。

・ページ別訪問数…指定したページが1回以上閲覧されたセッション数の事です。つまり、各ページで新しいセッションが起こる度にカウントされます。

・平均ページ滞在時間…Webサイトにアクセスしたユーザーが1つのページに滞在した平均の時間の事です。

・直帰率…Webサイトを1ページのみ閲覧して離脱する事を「直帰数」と言います。直帰率は「直帰数÷セッション」で求まる値の事です。

・離脱率…全てのページビューの中でユーザーが最後にアクセスしたページの割合の事です。

行動フロー

google analyticsの行動レポートの行動フローは、Webサイトにアクセスしたユーザーがどのページからどのページに移行したのかを知れるものです。

google analyticsの行動レポートの行動フロー

上記のようにどのページから何人のユーザーが移動したのかを詳しく解析する事ができます。

サイトコンテンツ

google analyticsの行動レポートのサイトコンテンツは、Webサイトの中でよくアクセスされているページや最初に訪れたページ、離脱したページなどを解析できるものです。

すべてのページgoogle analyticsの行動レポートのサイトコンテンツのすべてのページ

google analyticsの行動レポートのサイトコンテンツの「すべてのページ」はWebサイトの中の人気ページやPV、直帰率などを解析できるものです。

表上部のプライマリディメンションを「ページタイトル」の変更すると、記事URLではなくタイトルで表示されるので分かりやすいです。

ディレクトリ

google analyticsの行動レポートのサイトコンテンツのディレクトリ

google analyticsの行動レポートのサイトコンテンツの「ディレクトリ」は、どのジャンルの記事が人気かを解析できるものです。

ランディングページ

google analyticsの行動レポートのサイトコンテンツのランディングページ

google analyticsの行動レポートのサイトコンテンツの「ランディングページ」は、ユーザーがWebサイトの中で最初にアクセスした記事の割合などを解析できるものです。

離脱ページ

google analyticsの行動レポートのサイトコンテンツの離脱ページ

google analyticsの行動レポートのサイトコンテンツの「離脱ページ」は、ユーザーがWEbサイトから離れる前の最後にアクセスしたページを解析できるものです。

離脱ページのデータを解析する事で、なぜユーザーがWebサイトから興味を失ったのかを推測する事ができます。

サイトの速度

google analyticsの行動レポートのサイトの速度

google analyticsの行動レポートのサイトの速度は、Webサイトを表示するのに要した時間などを解析できるものです。

Googleは、Webサイトを評価する際に表示速度を1つの指標としています。

サイトの速度を改善するには、記事内で使用している写真のサイズを圧縮するなどをするのが効果的です。

サイト内検索

google analyticsの行動レポートのサイト内検索は、ECサイトの中でユーザーが頻繁に検索している商品名やキーワードを解析できるものです。

ECサイトでよく使われる機能なので、ブログやメディアサイトではあまり使われない機能です。

イベント

google analyticsの行動レポートのイベントは、Webサイト内のユーザーの行動に名前を付けて計測して、どのような操作が行われたかを解析できるものです。

例えば、ECサイトでクリックの集計をするとして、「お問い合わせの送信」「カートに入れる」「商品の購入」などを操作に仕込む事ができます。

ユーザーがWebサイト内でCV前のどの段階までいったのかなどを知れる便利な機能です。ただ、活用するにはJavaScriptの知識が必要なので注意しましょう。

サイト運営者

google analyticsの行動レポートのサイト運営者は、アドセンス広告のデータを解析できるものです。見れる情報は以下の通りです。

・Adsenseのインプレッション

・Adsenseの一致率

・Adsenseのページ表示回数

・Adsenseのインプレッション/セッション

・Adsenseの視認可能インプレッションの割合

・クリックされたAdsense広告

・Adsenseのクリック率

・Adsenseの収益

・Adsenseの収益/1000セッション

・Adsenseの有効CPM

ウェブテスト

google analyticsの行動レポートのウェブテストは、アナリティクス上でLPやバナーの検証をできるものです。

テストの対象となるのは、ランディングページや広告文、広告バナーなどで、2つ用意したものの内でどちらが効果があるかを確かめる事でWebサイトのパフォーマンス改善に繋がります。

コンバージョンレポート

google analyticsのコンバージョンレポートの見方は、ページ左側の「コンバージョン」をクリックするだけです。

コンバージョンレポートでは、Webサイト上でのCVに関する様々なデータを解析する事ができます。以下で見れる情報を具体的に解析していきます。

目標

google analyticsの行動レポートのコンバージョンレポートの目標は、事前に登録した商品購入やメルマガ登録などの目標をどのくらい達成できているかを解析できるものです。

eコマース

google analyticsの行動レポートのeコマースは、ECサイトにおいて商品が購入された時にお客さんの様々なデータを収集できるものです。

マルチチャネル

google analyticsの行動レポートのマルチチャネルは、CVしたユーザーが初回訪問からCVした訪問までの期間や経路、参照元などのデータを解析できるものです。

アトリビューション

google analyticsの行動レポートのアトリビューションは、目標達成において各流入経路がどのくらい貢献しているかを解析できるものです。

google analyticsで必ず見るべき項目

google analyticsの各項目の見方を解説してきましたが、ここでは必ず見るべき点を解説します。アナリティクスで必ず見るべき項目は以下の5つです。

  • ユーザーレポートの概要
  • ユーザーレポートのモバイル
  • 集客レポートの概要の中のチャネル
  • コンバージョンレポートの目標
  • 行動レポートのサイトコンテンツの中のランディングページ

以下でそれぞれの理由を解説していきます。

ユーザーレポートの概要

ユーザーレポートの概要では、単純にWebサイトにどれだけの人がアクセスしたかを知れるので必ず見るべきです。

ユーザー、ページビュー数など様々な項目がありますが、特にチェックすべきはセッションです。セッションはユーザーがWebサイトにアクセスした数を表しているので、どのくらいの人がサイトをみているかを解析する事ができます。

ユーザーレポートのモバイル

ユーザーレポートのモバイルは、Webサイトにアクセスしたユーザーが使用しているデバイスを知れるものです。

「ユーザーが使用しているデバイスを知って何の意味があるの?」と思う人もいるかもしれませんが、PCとスマホでは同じサイトを見た時の見え方が全く異なります。

例えば、弊社が運営するサイト「大学受験プロ」で比較してみます。

google analyticsで必ず見るべき項目「ユーザーレポートのモバイル」

全く写っている範囲や目に入る部分が違いますよね。

アナリティクスのモバイルの中で多くのユーザーが使用しているデバイスを把握しておくと、どちらの見た目に合わせてサイトを設計すれば良いかを考える事ができます。

集客レポートの概要の中のチャネル

集客レポートの概要の中のチャネルは、ユーザーがどこからWebサイトにアクセスしているかを解析出来るものです。

検索からアクセスしたユーザーと広告を何となくクリックして訪れた人では商品の購買意欲などが全く異なります。

Webサイトにアクセスしたユーザーの状況を把握しないと、サイトにどのような情報を載せれば良いかが分からないのです、チャネルは分析した上でサイトに情報を掲載する事を考えましょう。

行動レポートのサイトコンテンツの中のランディングページ

行動レポートのサイトコンテンツの中のランディングページは、ユーザーがWebサイトの中で最初にアクセスした記事を解析できるものです。

ユーザーがWebサイトに入る際の大きな入口を知れると、CVに繋がる導線を考えやすくなります。

コンバージョンレポートの目標

コンバージョンの目標は、事前に設定した目標に対しての達成率などを解析できるものです。

Webサイトにアクセスを集めるのは当然ながら大事ですが、最も重要なのはCVがどのくらい出ているかです。

細かなコンテンツの見直しなどは当然行う必要がありますが、事前に設定したコンバージョンの目標にどのくらい達しているかを知る事は何よりも重要です。

まとめ

google analyticsの各項目の見方から具体的に重視すべき点まで幅広く解説してきました。

グーグルアナリティクスの見方をマスターすると、自社Webサイトの改善に関する施策を数多く出す事ができます。今回紹介してきた内容は今後ずっと使える事なので、定期的に見直してWebサイト運営に役立てて下さい。

この記事を書いた人

focus@all