ブログ

HOME/ブログ

ドメイン取得サービスを徹底比較!

ドメイン取得サービスを徹底比較!

Webサイトを作成する上で必要になるドメイン。

ドメインを取得できるサービスは様々ありますが、重視すべき項目やそれぞれのメリット・デメリットを把握した上で選ばないと、契約後に後悔することになります。今回は、よく使われているドメイン取得サービスをあらゆる視点から比較して紹介します。

ドメイン取得サービスを選ぶ上でチェックすべき項目

ドメイン取得サービスを選ぶ際に見るべき項目は以下の5つです。

  • 取得・更新情報
  • 扱っているドメインの種類
  • 管理画面の使いやすさ
  • 他者からの移管の可否
  • Whois情報公開代行

それぞれを詳しく解説します。

取得・更新費用

ドメインにかかる費用は大きく次の4つがあります。

  • 取得費用
  • 更新費用
  • 移管費用
  • Whois情報公開代行費用の料金

ドメインを取得する際の費用はあまり高くないものの、更新価格が高額になっている事などはよくあります。

特別な事情が無い限り、ドメインは長期的に利用するものだと思うので、取得・移管費用などの目先のものを重視せずに、更新費用が低額のサービスを選ぶのが効果的です。

扱っているドメインの種類

ドメイン取得サービスによって、取得可能なドメインの種類は異なります。

有名な「.com」「.jp」「.co.jp」などは基本的にどこのドメイン取得サービスでも取得可能ですが、「.osaka」などの地域ドメインや「.shop」などの新しいものは扱っている所が限られます。

管理画面の使いやすさ

実際に使用してみないと分からない点ではありますが、ドメインの管理画面の使いやすさや見やすさも重要です。

特に、今後複数のドメインを取得する予定の人なら、各管理画面の使いやすさを確かめておきましょう。操作性に優れない管理画面だと、無駄にストレスがかかってしまいます。

他者からの移管の可否

中には、他者からの移管を受け付けていないドメイン取得サービスもあります。

ドメインを取得した後に困らないように事前に移管可能か確かめておきましょう。

Whois情報公開代行の料金

ドメインを取得すると、登録者の情報を「Whois情報」として公開する必要があります。

Whois情報では、名前だけでなく住所や連絡先も公開されるので、特に個人でドメインを利用する人は注意が必要です。

Whois情報を業者名義で代行してくれるサービスがあるので、当然ながら使用すべきですが、運営元によって有料・無料が分かれます。

有料だから質が高いなどはあまり関係ないので、出来る限り無料で代行してくれるサービスを選ぶようにしましょう。

おすすめのドメイン取得サービス

ここでは、おすすめのドメイン取得サービスを5つ紹介します。

お名前.com

おすすめのドメイン取得サービス「お名前.com」

お名前.com

お名前.comは、1600万件の登録実績を誇る国内最大手のドメイン取得サービスです。

東証一部に上場しているGMOグループが運営しており、約20年の運営実績があります。代表的なドメインの取得・更新費用は以下の通りです。

種類 .com .net .org info 日本語.jp .co.jp
取得費用 760円 1,160円 1,360円 199円 1,160円 3,660円
更新費用 1,280円 1,480円 1,480円 1,480円 1,190円 5,200円

(2019年7月7日時点)

現時点での費用を確認する

お名前.comのメリット

・独自ドメインを格安で取得できるキャンペーンが定期的に開催されている

・700種類以上のドメインから選べる。また、他者では扱っていないようなユニークなドメインも扱っている

・24時間無料で電話サポートを受けられる

・取得時にクレカ登録できるので、更新し忘れる事がない

・Whois情報公開代行が無料

・管理画面が直感的に分かりやすい

お名前.comのデメリット

・サイトを捨てる際には、クレカの自動更新をOFFに切り替える必要がある

・Whois情報公開代行を忘れると、個人情報が漏れるのでドメインを捨てる必要がある

・夜間に管理画面が重い事がある

ムームードメイン

お数s目のドメイン取得サービス「ムームードメイン」

ムームードメイン

ムームードメインは、同じくGMOグループガ運営するサービスです。

同じ運営会社のレンタルサーバーやロリポップ・ヘテルムなどとの相性がよく、簡単にホームページを作成することが出来ます。代表的なドメインの取得・更新費用は以下の通りです。

種類 .com .net .org info 日本語.jp .co.jp
取得費用 760円 1,160円 1,199円 399円 1,380円 3,980円
更新費用 1,480円 1,480円 1,680円 1,680円 1,380円 3,980円

(2019年7月7日時点)

現時点での費用を確認する

ムームードメインのメリット

・Whois情報公開代行が無料

・初年度はキャンペーン価格で販売されていて、業界最安値で購入できる

・新ドメインが豊富にある

・複数ドメインを一度の注文で取得できる

・ドメインの売却が可能

・低額でWEBメールやワードプレスを利用できるサービスも提供されている

ムームードメインのデメリット

・電話サポートがない

バリュードメイン

おすすめのドメイン取得サービス「ムームードメイン」

バリュードメイン

バリュードメインは、同じくGMOグループが運営するサービスです。

ドメイン登録実績500万人で、ICANN公認レジストラに認定されているので高い信頼性を誇っています。代表的なドメインの取得・更新費用は以下の通りです。

種類 .com .net .org info 日本語.jp .co.jp
取得費用 760円 1,199円 1,199円 299円 1,190円 3,780円
更新費用 1,280円 1,480円 1,480円 1,480円 1,190円 3,780円

(2019年7月7日時点)

現時点での費用を確認する

バリュードメインのメリット

・Whois情報公開代行が無料

・管理画面が分かりやすく、複数ドメインでも管理しやすい

・不要になったドメインをユーザー間で売買できる

・URL転送など豊富な機能を追加料金なしで利用できる

・ダイナミックDNSを利用できる

バリュードメインのデメリット

・DNSの設定が全てユーザー任せになっていてめんどくさい

スタードメイン

おすすめのドメイン取得サービス「スタードメイン」

スタードメイン

スタードメインは、ネットオウル株式会社が運営するサービスです。

ドメイン毎には管理団体(レジストリ)があり、レジストリがレジストリにドメインを取得しに行きます。ネットオウル株式会社は、ドメインを直接取得しているので、仲介手数料が少なく低価格でドメインを取得する事が出来ます。代表的なドメインの取得・更新費用は以下の通りです。

種類 .com .net .org info 日本語.jp .co.jp
取得費用 880円 1,180円 1,380円 380円 1,180円 3,680円
更新費用 1,180円 1,380円 1,380円 1,480円 1,180円 3,680円

(2019年7月7日時点)

現時点での費用を確認する

スタードメインのメリット

・業界最安値でドメインの購入・更新ができる

・Whois情報公開代行が無料

・無料のサーバー「スターサーバー」を使用できる

・管理画面が使いやすい

スタードメインのデメリット

・電話サポートがない

・取り扱いドメインの数が約40種類と少ない

エックスドメイン

おすすめのドメイン取得サービス「エックスドメイン」

エックスドメイン

エックスドメインは、エックスサーバー株式会社が運営するサービスです。

ドメインの取得・管理だけでなく、無料のレンタルサーバーも利用する事が出来るのが魅力です。代表的なドメインの取得・更新費用は以下の通りです。

種類 .com .net .org info 日本語.jp .co.jp
取得費用 780円 1,180円 1,380円 280円 1,180円 3,760円
更新費用 1,180円 1,380円 1,380円 1,480円 1,180円 3,760円

(2019年7月7日時点)

現時点での費用を確認する

エックスドメインのメリット

・主要ドメインの更新費用が業界最安値

・Whois情報公開代行が無料

・無料サーバーを利用できる

・「エックスサーバー」「シックスコア」「wpX」の初期費用が半額になる

・無料でメールアカウントを10個まで作成できる

エックスドメインのデメリット

・取得できるドメインの数が非常に少なく、マイナーなものは取得できない

各ドメイン取得サービスの比較

上記で紹介した各ドメイン取得サービスについて、様々な面から比較してみます。

ドメインの自動更新

ドメインは基本的に1年毎に更新します。更新する際には費用がかかりますが、払い忘れるとドメインは失効されてしまいます。

なので、自動更新に対応しているかどうかはドメインを選ぶに当たって重要な指標です。

ドメイン取得サービス ドメインの自動更新
お名前.com クレカのみ対応
ムームードメイン クレカのみ対応
バリュードメイン クレカのみ対応
スタードメイン 事前にポイント購入が必要
エックスドメイン クレカのみ対応

電話サポート

ドメインが失効してしまった場合など、何かしらの問題が怒った時に、電話で問い合わせ出来るか否かは大事です。

というのも、メールでの問い合わせでは解決できるまで時間がかかりますし、何度もメッセージを往復させるのは面倒です。

ドメイン取得サービス 電話サポートの有無
お名前.com
ムームードメイン ×
バリュードメイン ×
スタードメイン ×
エックスドメイン ×

支払い方法

基本的に大抵のドメイン取得サービスは、クレカ・銀行振込・コンビニ決済に対応していますが、他の支払い形式については業者で異なります。

ドメイン取得サービス クレカ 銀行振込 コンビニ決済 PayPal
お名前.com ×
ムームードメイン ×
バリュードメイン ×
スタードメイン
エックスドメイン ×

取り扱いドメインの種類

取り扱っているドメインの種類もサービスによリます。

主要なドメインなら基本的にどのサービスでも取得可能ですが、マイナーなものなら業者毎に取得可能か否かは異なります。

ドメイン取得サービス 取り扱いドメインの数
お名前.com 490種類以上
ムームードメイン 350種類以上
バリュードメイン 250種類以上
スタードメイン 59種類
エックスドメイン 20種類

ドメインの効果的な選び方

ここでは、ドメインの効果的な選び方を解説します。

日本国内をターゲットにする場合

日本人にターゲットを絞る場合には、「.jp」か「日本語.jp」を選ぶのがおすすめです。

また、「.co.jp」や「.ne.jp」などの属性付きのドメインは取得が困難なので、使用していると信頼性も高まるでしょう。

漢字での検索を考慮すると、アドレスバーに直接キーワードを打ち込んで検索できるブラウザが増えてきているので、流入を多く見込めます。

海外をターゲットにする場合

海外をターゲットにする場合には、「.com」を選ぶのがおすすめです。

「.com」は世界共通で使われているドメインなので、様々な箇所からのアクセスが見込めます。ただ、スパム行為などのターゲットになりやすい点は注意が必要です。

まとめ

ドメイン取得サービスは様々ありますが、単に費用だけでなく管理画面の使いやすさや扱っているドメインの種類などを考慮して選択すべきです。

今回紹介した幾つかのチェック項目を比較した上で、気に入ったサービスを使用してください。

 

この記事を書いた人

focus@all