ブログ

HOME/ブログ

コーディングのフォントを変えて作業効率を上げよう

コーディングのフォントを変えて作業効率を上げよう

コーディングをするときのフォントについて解説をしていきたいと思います。コーディングをするときのフォントなので、WEBページで表示するフォントではありません。コーディングをするときに、<html>こういったタグを表示するフォントです。コーディングのフォントを最適なものに変更することで、作業効率がすごく高くなります。

最適なコーディング用フォントを選択して作業効率をあげましょう。

コーディングのフォントを選ぶ際のポイント

コーディングのフォントを選ぶときには二つのポイントに注意して選びましょう。

・可読性があること

・等幅フォントであること

可読性があるということは

可読性があるということは、文字の識別ができるということです。例えば、|とIとlを見分けることができるでしょうか。これは左からバーティカルバー、アルファベット大文字のi(あい)、アルファベット小文字のL(エル)の文字です。

可読性があるフォントを選択し、使用すればこのような文字を識別することが容易になります。逆にこういったフォントを使用しなければタイプミスが生じたり、読めない度につまづくようなことがおきます。可読性があるということはとても重要なことです。

等幅フォントであるということは

等幅フォントであるということは、文字幅が全て統一されているフォントを指します。文字を手書きでしていると、文字ごとに幅が変わってしまいます。電子上の文字でも、フォントの選択次第では、文字ごとに幅が変わってしまいます。

等幅であれば、文字の幅を把握しやすくなり、レイアウトを管理しやすくなります。

結果、等幅フォントであるということと可読性があるということが重要です。

コーディングに向いているおすすめフォント5選

可読性があることとと等幅であるフォントを5つ選んだのでそれを見ていきましょう。

Ricty Diminished(リクティ・ディミニシュット)

おすすめコーディングフォントのRicty Diminished

これはコーディングにとどまらず、エンジニアの方の多くが利用しているフォントです。半額文字の二文字分が全角文字一文字分となっています。コーディングやプログラミングでは全角スペースが空いていることはエラーにつながることが多いのですが、全角スペースを可視化してくれる機能もついています。

これから本気でプログラミングを勉強していきたいという方にもオススメのフォントです。下記URLからダウンロードすることが可能ですので、必要があればダウンロードをしておきましょう。

https://github.com/edihbrandon/RictyDiminished

Cica(シカ)

おすすめコーディングフォントのCica

Cicaはプログラミング専用フォントと呼ばれています。可読性、等幅フォントであることはもちろんのこと、視認性も優れているフォントになっています。視認性とは、日本語との識別もできていて、英数字はセリフ体となっているのですごく読みやすくなっています。プログラミング専用のフォントというだけあって、プログラミングをする人にぴったりのフォントとなっています。

https://github.com/miiton/Cica

Myrica

おすすめコーディングフォントMyrica

Myricaは縦長く作られてて、シャープに見えるのが特徴のフォントです。Rictyの良さを継承しながらも、スタイリッシュなデザイン性のあるフォントです。

縦長なことが帰って見にくくなる環境もありますが、見やすくて良いフォントとなっています。

https://github.com/tomokuni/Myrica

Source Han Code JP

おすすめコーディングフォントSource Code Han JP

等幅フォントで見えやすいだけでなく、日本語にも対応しています。Adobe社が開発したということもあり、視認性に富んでいます。0やOの識別もしやすく、人気が高まっているフォントです。

https://github.com/adobe-fonts/source-han-code-jp

Fira Code

おすすめコーディングフォントFira Code

フォントには可読性があり、ABCなどの識別が難しくない文字は綺麗なゴシック体のような文字で大変見えやすいです。

また、Fira Codeはコーディングの際の記号に特化していて、===と==の違いを明確にしてくれます。そのため、プログラミングなどにおいて記号が苦手な方などはFira Codeを使用してもいいかもしれません。

https://github.com/tonsky/FiraCode

まとめ

コーディング専用のフォントを使用するだけで作業効率は上がります。普通のフォントで行えば、Oか0、lかIが識別不可能で作業効率が下がってしまいます。

今回紹介したコーディングフォントではどれを使用してもさほど変わりませんが、コーディング専用フォントを使用してコーダーとしてのレベルをアップさせてほしいと思います。

この記事を書いた人

田村 京暉

FOCUS SQUAREのフルスタックエンジニアとして活動中。LP・HPのコーディングだけでなく、Wordpressのカスタマイズやサーバーサイドも行なっています。 技術的なサポートを全般行います。